精油って色々種類があるんですね

アロマテラピー検定

新築のお部屋をたっぷりお教えします!住むならやっぱり新しいお部屋!川口 土地の新築情報を取り揃えております。

デトックス効果

ママもニッコリ!!LDK15帖以上の一戸建て、「あったらいいよね」を叶える敷地40坪以上の一戸建て、さいたまの不動産なら叶います。

民間薬

さて、そんな民間療法という医術が広まっている中において『民間薬』も用いられている。元々は医者が認定した薬ではないのだが、市民の間では広まっていた。どうしてそうなったのかということになるが、戦時などにおける医師の不足による原因が強い。特に第二次世界大戦以前では医師不足が深刻化しており、また医療保険制度もなかったために、なおのこと応急用に使えるような薬が必要になっていた。またその時代は交通状態も十分に発達・機能がまだ発達していなかった明治時代以前においても、交通路から離れた地域では市販の薬品を購入する機会さえ乏しいほど、当時の医療状況の参上が目に見える。こういった自体の背景により、身近に医師や薬ウリがいないこと、または経済的ない理由から側にあっても利用することができず、裕福な都市部の一部の住民を除いて、よほどの病気でないと医師に掛かることや薬局で薬を買うことが少なく、民間薬で済ませてしまうということも日常的に行なわれていた。

江戸時代には『救民妙薬』・『広恵済救方』のような民間薬の処方を記した書籍が刊行され、『譚海』・『耳袋』・『武江年表』などの民間の風俗について論じた書籍でも民間薬についても触れられている。よく知られているには、腹壊しに使うセンブリ、整腸剤のキハダ、腹痛に使うゲンノショウコ、子供の引きつけに用いるユキノシタ、切り傷などに用いるアロエ、虫刺されかゆみ止めのアサガオの葉、殺菌・消炎効果をもたらすものとして腫れ物にドクダミ・切り傷にヨモギ、喉の痛みにナンテン、痔に無花果の葉、汗疹にモモの葉などがある。また、カキのように下手やしゃっくりは滋養強壮などと部位によって別の効力を有している。

現在は大衆薬が豊富に出回っており、また日本では国民皆保険制度により医療へのアクセスが容易になっているため、民間薬を使う機会はほとんどない。

中には既に科学的に間違った効能だということだと証明されている事例もある、代表的なのは蜂に刺されたときには小便をかけたほうがいいということだろう。ただ、科学的なものはおいといてとしても排出物を患部にかけるというのはいかがなものなのだろうか。確かに昔の日本では普通に行なわれていたのかもしれないが、幹部にそんな不衛生なものを書けたら余計に傷口が悪化しそうになる気がするのだが、昔の人と現在の人を比べると考え方も違ってくるので、やはり当時はこの療法が効くと信じられていたのだろう、そうでなければここまで広く認知されるようなこともないはず。でんぷん伝いではあるが、現代にまでこうして広まっただけ、この説を唱えた人はある意味有名人になれ谷違いないが、この説のせいでひどい目にあったという方々は恨んでいるかもしれない。

アロマで引き出す女性力

漢方薬との違い

民間薬は生薬を使っているから漢方薬を同じなのでは、と考えられるかもしれないがまた違ってくる。まず漢方薬の場合は甘草湯や独参湯などの一部の処方を除いて複数の薬味によって構成され、東洋医学における証を立てて用いなければならないのに対して、民間薬は単品で用いられることが多く、一つの症状を目標に用いられていることの方が多い。漢方薬は東洋医学の理論をもとに処方されるのに対して、民間薬は経験的な民間伝承に基づいて用いられるものである点でこれらは異なるとされている。それぞれの薬を利用した再の効果についても、民間薬の場合には全般的で漠然と働くものが多いのに対して、漢方薬においては比較的限定的で性格に働くとされている。葉通の特効薬・桂枝五物湯や、痔核に用いる乙字湯などは、証を立てずに対症療法で用いているため、漢方薬と民間薬の中間的な薬となっている。

代表的な民間薬

蘆薈(ろかい、アロエ, 通称医者いらず)
効能:切り傷・うちみ・火傷・しもやけ・にきび
淫羊霍(いんようかく、イカリソウ)
効能:滋養強壮
桜皮(オウヒ)
効能:健胃・整腸・下痢
木防己(もくぼうい、オオツヅラフジ)
効能:神経痛
車前子(しゃぜんし、オオバコ)
効能:利尿・眼病・咳止め
黄柏(黄檗、黄柏、キハダ)
効能:健胃・整腸・湿布薬
山梔子(さんしし、クチナシ)
効能:うちみ・ひび・しもやけ
玄草(ゲンノショウコ)
効能:整腸・外傷・湿疹・うがい薬
牛蒡子(ゴボウシ、「悪実」ともいう)
効能:腫物・むくみ・血の道
蜆(シジミ)
効能:二日酔・肝機能強化
菖蒲根(ショウブ)
効能:入浴剤(神経痛)・健胃
蘇葉(シソノハ)
効能:入浴剤(冷え性・神経痛)・風邪・喉痛
当薬(センブリ)
効能:健胃・円形脱毛症
蒲公英(タンポポ)
効能:健胃・利尿・催乳
十薬(ドクダミ)
効能:利尿・腫物
南天実(ナンテン)
効能:咳止・歯痛
肉桂(ニッケイ、桂枝)
効能:健胃・整腸・入浴剤
忍冬(ニンドウ)
効能:解毒・利尿・腫物
ヨクイニン(よくいにん、ハトムギ)
効能:疣取り・催乳・利尿
反鼻(マムシ)
効能:黒焼(滋養強壮)・切り傷・腫物
陳皮(ちんぴ、ミカン皮)
効能:健胃・風邪・入浴剤
地竜(ミミズ)
効能:解熱剤
桃葉(モモ葉)
効能:フケ・あせも・湿疹
艾葉(がいよう、ヨモギ)
効能:健胃・貧血・冷え性・腰痛・切り傷
自宅で出来るアロマオイルマッサージ